• jisatsudame.comで検索
    齋藤健一に恩を返そう!

    齋藤健一が作ったサイト⇩
    🍰めぞん一刻QUEST❤幸せ涙
    🍦音無響子の無理をしない生き方
    🚙齋藤健一の交通安全講座
    🚗齋藤健一の危険運転糾弾
    🗾日月神示 さいとうけんいち訳
    💴齋藤健一のアフィリエイト

    齋藤健一が作った面白い話⇩
    🤩[面白い話]シリーズの更新情報
    🤩妄想編 🤩思考編 🤩博識編 🤩お笑い編 🤩学問編 🤩ネタバレ編 🤩クイズ編 🤩創作編 🤩物語編 🤩歌編 🤩日常編 🤩発案編 🤩試験編 🤩歴史編 🤩商売編 🤩解説編 🤩予言解析編 🤩汎用編 🤩小説編 🤩改変編 🤩夢編 🤩挑戦編 🤩鑑定編 🤩英語編 🤩適当編 🤩訴訟編 🤩風水編 🤩占い編 🤩法律編 🤩資産運用編 🤩新商品開発編 🤩進化論編 🤩人生相談編 🤩食べ歩き編 🤩究極の美食編 🤩書評編 🤩ガイド編 🤩ことわざ編 🤩初心者入門講座編 🤩アドバイス編 🤩商品紹介編 🤩脳内変換編 🤩ライトノベル編

    自殺してはならない霊的な理由

    自殺で死ぬ前に、ここをクリックしてリンク先に書かれている情報を読みなさい!苦しまないで済む方法が掲載されているから。[クリック]

    自殺で死んでから、自殺霊となり、その時に[自殺の真実]に気付いても、もう遅い!自殺で死んだ後は、既に自分の肉体は生命維持が不可能になっているから、自分の肉体には二度と戻れないぞ!だから、自殺で死ぬ前に[自殺の真実]に気付いてくれ!とりあえず、以下のリンクをクリックして、自殺に関する霊的な知識を習得してください↓

    以下は、霊的な観点から[自殺]を説明した知識へのリンク集です。

    ★Click [あなたが自殺して直面する真実]まとめ
    自殺について
    自殺の問題
    自殺についての二つの投書
    自殺の結果
    愛する者を失い自殺
    迷信の偏見
    軽率な行為
    苦しみの短縮
    恐ろしい激情
    他人の為の犠牲行為
    早く楽になる為の自殺
    恥辱を避ける自殺
    不法行為の自殺
    絶望の挙句の自殺
    自殺に追い込んだ者の責任
    自殺に逃げ道を求める者
    厭世自殺
    自殺と自由意志
    自分の命を絶つ権利
    生の倦怠
    自殺に関する文章

    ★Click [実際に自殺してしまった人の話]まとめ
    前世の罪の記憶で自殺
    破産が原因で自殺した老人
    自殺した高学歴の無神論者
    婚約者の不実に激して自殺
    情死(心中)した二人
    息子の後追い自殺した母
    身投げ自殺した男
    息子の為に自殺した父
    公衆浴場で自殺した男
    自殺した映画女優の警告
    死に気付かぬ自殺霊
    薬物自殺した女の霊
    恋人と心中自殺した霊
    首吊り自殺した女の霊
    自殺した美女
    自刃して果てた侍

    死にたい自殺サイト自殺方法自殺ダメ

    あなたは、自分の人生が悲惨だから自殺したいと思っているのであろう。しかし、拙者の人生の方がもっと悲惨かもしれないぞ。だから、サイト管理人である私の人生を読んで、自殺するのは止めろ!

    齋藤健一について

    ⇩死にたい人への文章でのメッセージ
    死にたい人へのメッセージ(静)

    ⇩死にたい人への動画でのメッセージ
    死にたい人へのメッセージ(動)

     『自殺者の末路』は、齋藤健一制作の自殺防止サイトの内の一つです。主に、死にたい人に向けて、実際の悲惨な姿の自殺者の死体の様子をお見せする形で、自主的に自殺を中止して頂くことを目的として作りました。

     人間、その人がやろうとしていることの結果、事の重大さに気付いていない場合が多い。ヨボヨボの状態で運転を続けた老人が、とうとう死亡事故を起こしてから、「ああ、自分はなんてことをしでかしてしまったんだ・・・」と気付いても、もう遅いというふうに。死亡事故を起こす前に車の運転から引退すれば、死亡事故を起こさずに済んだのに、人間、中々、実際に自分自身で痛い目に遭わないと、その所業を止めないものです。

     とにかくね、自殺行為は、神の摂理違反でもあるのだ。人間、寿命が来るまではこの世で頑張って生きなければならない。だから、あなたも今、自殺行為で死ぬことはない。

     人間、考え方を変えれば、ある程度は楽になりうる。状況は容易に変化はしないかもしれない。しかし、考え方は無料で変えられるから。

     とにかく、自殺は絶対にしないことだ。たとえ今が死ぬ程辛くてもだ。時が解決してくれることもある。二年後の自分と今の自分の心理状態は必ずしも同一ではないということだ。